暮らす

田舎暮らし・室戸で暮らす│室戸の田舎暮らし移住

田舎暮らし・室戸で暮らす

室戸市は海の町というイメージが強いですが、市内は面積も広く、住む地域によってさまざまな表情があります。
海のそばに住むことも、山に住むこと、川のそばに住むこと、生活に便利な街中に住むこと、様々な生活様式が選べるのもこの町の魅力であり、海の幸・山の幸・川の幸と、そして海洋深層水の取水地であり、水資源にも恵まれるなど、非常に豊かな食環境にも恵まれているのが大きな魅力です。

また、豊かな大自然はもちろん、学校の数も多く、公的な運動施設や公園なども充実しているため、若い夫婦の方々が子育てをしやすい環境にあります。

一方、室戸市も高齢化が進んでいるため、老人ホームやケアセンター、病院、温浴施設などの施設も増えており、リタイヤされる方やお歳を召してからの第2の人生を志す方にとっても生活環境を含めて安心な環境だと思います。

室戸は昔から遠洋漁業で華やいだ街でした。
そのため、往時の数よりは減りましたが、今でも港のそばには意外と飲食店の数が多く存在し、グルメの舌をうならせています。
年齢にかかわらず、単身の方にとっても住むのに魅力のある街だと思います。

生活スタイル

海の近くで暮らす

海の近くで暮らす│室戸の田舎暮らし移住室戸市は地形的に海と山が近い場所が多いです。

写真のように海側の家々は数メートルから

数十メートルで海に出られる場所が多く、釣りに

興じることも容易で非常にのんびりした光景が

見られます。

山側で暮らす

山側で暮らす│室戸の田舎暮らし移住室戸市の特徴として、

山側の家々は山から流れ出る川のまわりに

広がっていることが多いです。

もちろん山に登って行く道沿いや

山の上に広がる豊かな農地が広がる台地

にも集落が形成されています。

太平洋に面した山の斜面は眺望が良い場所も多いです。

また、川では鮎や川エビも取れ、食卓を賑わせます。

街中で暮らす

街中で暮らす│室戸の田舎暮らし移住
街の中心地は公的機関・施設や学校に近く

しかも銀行・郵便局、スーパーやドラッグストア、

ホームセンター、100円ショップ、コンビニなど

が立ち並び、買い物がとても便利です。

しかし街中と言っても、海・川・山まで数百メートルも離れないような、

すぐの距離にあるのも室戸市の特徴です。

生活情報・公共施設

生活情報

生活情報│室戸の田舎暮らし移住
気候は年平均気温は16℃台と年間を通じて温暖で、

亜熱帯性気候の性格を帯びています。

食べ物にはとても恵まれており、

魚は高級魚「金目鯛」「マグロ」をはじめ、

たくさんの種類の魚が獲れます。

生活情報│室戸の田舎暮らし移住
川では鮎や川エビなどが獲れますし、

肉ではシャモやイノシシなども・・・。

農作物に関しては、デコポン・ポンカン・文旦

みかんなどの柑橘系をはじめ、びわ、やまもも、

スイカなどの果物、そして米はブランド米「吉良錦」

野菜はブランドトマトの「ルネッサンストマト」をはじめ

あらゆる種類の作物が季節ごとに収穫されます。

生活情報│室戸の田舎暮らし移住
豊かな恵みの食べ物はスーパーや魚屋でも

購入できますが、常設市として、

【道の駅キラメッセ室戸】内の『楽市』では

毎日獲れたての新鮮な作物や魚が

驚くほど安い地元価格で販売されています。

室戸楽市
また、生活必需品は、大手スーパーやドラッグストア、DIYショップ、ホームセンター、100円ショップなどが市内に数店ありますので、購入するには不便はないと思います。

コンビニも数店舗あり、内2軒は24時間営業となっています。

飲食店は市内に点在していますが、特に室津港のあたりは、居酒屋さんや割烹などが立ち並んでいます。

  • 生活情報│室戸の田舎暮らし移住
  • 生活情報│室戸の田舎暮らし移住

病院・歯医者

室戸市内の医療機関ですが、病院は8ヶ所

歯医者が6軒あります。

教育環境

お子様の学校や保育園は気になるところだと思いますが、
室戸市内では現在下記の軒数がございます。

(私)保育園・(公)保育園 :10
小学校 :7
中学校 :5
高等学校 :1

詳細は、「子育て」ページをご覧ください。

道の駅 キラメッセ室戸

市内で唯一の道の駅である「キラメッセ室戸」は、吉良川町(きらがわ)の海に面した場所に
立地しており、前には海、背後にはすぐ〈びわ畑〉が斜面に広がる山がある風光明媚な
環境にあります。

敷地内には「レストラン」「楽市」「鯨館」があり、地元食材の常設市である「楽市」はいつも
人でごったがえすほど大人気で、市内の方はもちろん県内や県外からも買い物にわざわざ
やってくる方がいるほどです。

レストラン「鯨の郷」も常時行列ができるほど賑わっており、海鮮料理や最近では
なかなか食べられない「鯨料理」が大人気です。

「鯨館」では、かつて室戸がクジラ漁で栄えた街だった資料などを展示しています。

  • 道の駅 キラメッセ室戸│室戸の田舎暮らし移住
  • 道の駅 キラメッセ室戸│室戸の田舎暮らし移住
  • 道の駅 キラメッセ室戸│室戸の田舎暮らし移住
  • 道の駅 キラメッセ室戸│室戸の田舎暮らし移住

主な公共施設

1、高知県立室戸広域公園

高知県立室戸広域公園│室戸の田舎暮らし移住
子供たちの憩いの場。
大きな「蛸(たこ)」を
モチーフにしたすべり台や、たくさんの
遊具があるだけでなく広いグラウンドも
あり、子供たちでにぎわっています。
また、広々としたスケートボード場もあり、
子供だけでなく、大人も一緒に遊べる
スペースとなっています。
高知県立室戸広域公園│室戸の田舎暮らし移住
公園内には小川も流れており、夏~秋
にかけていろんな種類のトンボや糸トンボ
が飛んでいます。

都会では見ることができないような様々な
種類のトンボや蝶が生息しています。

2、高知県立室戸広域公園野球場(マリン球場)

高知県立室戸広域公園野球場(マリン球場)│室戸の田舎暮らし移住
両翼100mの広さを有し、本球場に隣接
した運動公園を持っている野球場はめずらしく、
特に本球場では両サイドを使って3ケ所で同時
にノックができる広さを持っている。

またマリン球場は大学野球のキャンプ地と
して活用されている。

3、国立室戸青少年自然の家

国立室戸青少年自然の家│室戸の田舎暮らし移住
たくましく,心豊かな人間育成
を目指して,
恵まれた自然環境の中で野外活動や
自然研究が行える宿泊施設。

カヌー体験など、様々な自然とふれあう
プログラムを体験できる。

4、高知県立室戸体育館

高知県立室戸体育館│室戸の田舎暮らし移住
市民の健康増進のために
バレーボール、バスケット、卓球、バドミントン
など、様々な球技や武術などに利用できる
よう一般開放されています。

予約制ですが、利用料も安く、
設備は充実しています。

5、室戸中央公園

室戸中央公園│室戸の田舎暮らし移住県立室戸体育館に付属して、
広々したグラウンドやテニスコート、
相撲場などもあり、県立体育館
と共に、休日は草野球、サッカーなど、
大人を中心ににぎわっています。

6、室戸勤労者体育センター

室戸勤労者体育センター│室戸の田舎暮らし移住市民開放の体育館は、県立体育館だけでなく
2つあります。
この勤労者体育センターでも、バレーボール
バスケットなどの球技を中心に市民が運動する
憩いの場になっています。

7、室戸市保健福祉センターやすらぎ

室戸市保健福祉センターやすらぎ│室戸の田舎暮らし移住
「やすらぎ」では、会議室の利用なども
可能ですが、音楽会やコンサートに
利用できるホールがあり、文化的な
公演が催されています。

8、室戸市民図書館

室戸市民図書館│室戸の田舎暮らし移住
読書が好きな方がゆっくりと本が
読める市民図書館が市役所の前に
あります。

文化的な催しも開催されています。

9、道の駅キラメッセ室戸

道の駅キラメッセ室戸│室戸の田舎暮らし移住
古式捕鯨に関する展示資料館を
中心に、地域でとれた食材を使う
レストラン、地場産品の直販所
からなる地域活性化の拠点施設
で建設省の道の駅にも認定されている。

10、海の駅とろむ

海の駅とろむ│室戸の田舎暮らし移住
平成16年に室戸岬漁港(新港)にできた複合施設。

地元産品食材を使ったレストラン「じばうま八」、
地場産品(鮮魚・野菜など)の直販所「くじらはま」や、イルカとふれ合える「室戸ドルフィンセンター」等がある。

11、ディープシーワールド

海洋深層水を活用した、
健康増進施設 室戸海洋深層水体験交流センター「シレストむろと」「深層水公園」
「星野リゾートウトコオーベルジュ&スパ」により構成され、
海洋深層水によるタラソテラピー(海洋療法)が体験できます。

また、無料の足湯やレストランも併設していて、市民の癒しの場、憩いの場となっています。

  • ディープシーワールド│室戸の田舎暮らし移住
  • ディープシーワールド│室戸の田舎暮らし移住
12、室戸市役所

室戸市役所│室戸の田舎暮らし移住
市の中心を流れる室津川沿いに位置し、
図書館、郵便局、銀行、室戸小学校、
商業施設などが近隣に集まっており、
室戸の中心地を形成しています。

13、その他

保育所、特別養護老人ホーム、バイクライダー交流宿泊施設、

室戸海洋深層水アクアファーム、総合福祉保健センターなど